東京本部

〒110-0015  東京都台東区東上野3丁目28番4号

上野スカイハイツ504号

TEL:03-5812-4671       FAX:03-5812-4679

いわき現地事務所

(広田次男法律事務所)

〒970-8026 福島県いわき市平字八幡小路66番地9

TEL : 0246-24-2340   FAX : 0246-24-2342

© 2014 by 福島原発被害弁護団

 

 

最新情報
最新記事
Please reload

04/01/2020

コロナウイルスのニュースで世界中が混乱していますが、どこが、何が病原体なのか分からないままに蔓延している。

過去に多くの伝染病とか感染病がありましたが、コロナウイルスはそれ以上かもしれない。万全な対策で乗り切ってください。

聖火リレー中止なのか、延期なのかハッキリしないが、福島に於いては開催すべきでないという考えが多い。何故なら無理をして放射能汚染地帯を動員までしてやらなければならないのか、聖火リレーを通せば「安全」とアピールできると思ってなのか理解に苦しむ、そもそもオリンピックを日本で開催しようと目論んだそのものが間違だろう。

それも、...

03/27/2020

当弁護団・原告団は、3月12日の判決を受け止め、本件を上告して継続するのではなく、東電との協議・合意による「解決」を実現することを方針として、その旨の「解決要求」(別紙)を提示し、東電との話し合いを持ちました。

 ところが、その第1回協議(19日)においては、解決要求に対する回答は得られず、判決内容を検討中だから「傾聴」するだけだという対応であり、この不誠実な対応については、同日の記者会見にてご説明した次第です。

 その後、改めて設定していた第2回の協議(24日に予定)は、前日になって、やはり「傾聴」するだけだという連絡がありました。当...

03/19/2020

冒頭に、福島被害弁護団幹事長の米倉弁護士から

 これは原発事故損害に関する解決を図る目的の判決を踏まえた解決要求である。判決は二点重要な指摘をしている。

 東電が,津波,全電源喪失に至り過酷事故になる認識をしていたこと、そのことについて原告団長でもある早川さんら福島県連から抜本的な津波対策の必要性があるとの申し入れがされていたこと。

 これらを踏まえて被害者の立場からすれば「まことに痛恨の極み」と表現しているこの指摘は東電に加害責任があることを前提としたもの。2点目は,原賠法の趣旨目的について,迅速,公平かつ適正な賠償としたうえで,紛争当...

03/18/2020

今回の期日では,東電と国の責任やいわき市の被害の実情について,原告団長の伊東達也氏と,社会調査の専門家である高木竜輔准教授への尋問を実施します。広い視野に基づく,いわき市の実情について説明していただきます。

こちら☞ 第40回口頭弁論サマリー

     第40回口頭弁論レポート

03/13/2020

2020年3月12日

福島原発被害弁護団

 福島原発被害弁護団では、本日の仙台高裁判決を受けて、福島第一原発事故当時、政府による避難指示区域内に居住していたため、強制的に避難をさせられた被害者の方について、東京電力に対する損害賠償請求についての相談を受け付けます。

 ご希望の方は、以下の電話受付先にお電話をお願いいたします。

電話番号  03-5953-8520

 (2020年3月13日より受付開始。平日午前9時から午後6時までの受付です。)

                             以 上

03/02/2020

心配なコロナウイルス、世界中に蔓延してしまのか心配されます。

旅行計画されている方がキャンセル者が多いとか、集会、イベントなどが中止、延期されるなど

のようですが、どうなんでしょうか?何時終息の方向に向かうのか予測できません。オリンピックは

どうなんでしょう。選手を派遣しない国が出始めたら開催は無理でしょう。

今回のオリンピックは何か因縁付きです。忘れもしない安倍首相は、2013年9月7日五輪招致演説で。

「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。アンダーコントロールされている」と世界に嘘をついた。9年過ぎても終息どころか...

02/27/2020

【強制避難者による、最大規模・事故発生地の裁判所・最初の提訴・最初の高裁判決】

1 原審における審理

原審においては、本件の類例のない被害を精密に解明するため、環境法学をはじめ、関係諸科学の知見を十分に踏まえた主張を展開した。そして、淡路剛久教授(環境法学)、除本理史教授(環境経済学・環境政策学)の意見書を提出するとともに、除本教授については法廷における証人尋問を実現した。

さらに、現に生じている被害の実相を証明するために、原則として全部の世帯について詳細な原告本人尋問を実施した。

加えて、現地の被害状況を立証するために、裁判所による現地検...

02/20/2020

 第41回期日では、山木屋の現在の状況について、関礼子教授の環境社会学の知見に基づく意見書、その意見書に基づく準備書面を提出します。

  期日の冒頭に、弁護団の宮腰直子弁護士が口頭で準備書面の内容を説明する意見陳述を行います。

意見陳述の後、原告4人の本人尋問を行いました。

こちら☞第41回口頭弁論サマリー

              避難者訴訟 第41回期日のご報告

02/14/2020

第12回弁論は、トータル15分程度の予定で、双方から証拠の提出を行います。

このほか、原告1名意見陳述が実施されました。

こちら☞第12回口頭弁論サマリー

   (3陣)期日報告

Please reload