弁護団ニュース

弁護団通信 第9号  2014年6月30日発行

 

 

 ・弁護団活動報告

 ・いわき市民訴訟  5月21日第5回口頭弁論、避難者訴訟第4次提訴

 ・避難者訴訟    6月18日第5回口頭弁論

 ・「原発と人権」集会フイールドワークの報告

 ・陳述作成・現地の写真撮影広告書のご協力を

弁護団通信 第8号  2014年6月23日発行

 

 

 ・弁護団活動報告

 ・いわき市民訴訟  3月19日第4回口頭弁論

 ・避難者訴訟    4月16日第4回口頭弁論

  ・避難者訴訟における「検証」の実施について

 ・「原発と人権」集会のご報告

弁護団通信 第7号 2014年3月17日発行

 

 ・弁護活動経過

 ・避難者訴訟 第2回・第3回裁判,第3次(山木屋地区)提訴

 ・いわき訴訟 第2回・第3回裁判

 ・よくあるQ&A(みなさんからのお尋ねについて)

 

 

 

弁護団通信 第6号 2013年10月21日発行

 ・弁護団から(法廷での弁論がはじまりました/各訴訟の内容と今後の動き)

 ・避難者訴訟 原告意見陳述

 ・いわき訴訟 原告意見陳述

 ・みなさまへのお願い ~法廷に御参加ください~

 

 

弁護団通信 第5号 2013年8月20日発行

 

 ・いわき市民訴訟 第1回進行協議期日の報告

 ・避難者訴訟進行協議期日の報告

弁護団通信 第4号 2013年5月31日発行

 ・請求と訴訟の動き

 ・時効についての注意!

 ・避難生活費用についての一覧表

 ・避難費用、避難先購入品目等の請求に対する東電の対応

 

弁護団通信 第3号 2013年3月18日発行

 ・完全賠償を求める会の総会、結団式 避難者訴訟総会

 ・東電に対して、慰謝料と財物損害(不動産)について、一部和解を行うことを認めさせました。

弁護団通信 第2号 2012年12月25日発行

 ・12月3日 第1陣第1次集団提訴のご報告

 ・特別報告 本裁判における居住用不動産の損害額の考え方について

                1 本裁判における居住用不動産の損害の各被害者の請求額について

                2 居住用不動産の損害額についての基本となる考え方

                3 土地・建物それぞれの賠償額の根拠

                4 この請求額の妥当性

                5 なぜ、原則統一請求なのか

                6 弁護団からのお願い

弁護団通信 第1号 2012年11月19日発行

 ・弁護団ニュースの発行に寄せて

 ・これまでの弁護団活動一覧

 ・弁護団全体会議開く

 ・訴訟提起の方針を確認・原告団結成!

 ・東電との第8回交渉

 ・今後の予定

 

東京本部

〒110-0015  東京都台東区東上野3丁目28番4号

上野スカイハイツ504号

TEL:03-5812-4671       FAX:03-5812-4679

いわき現地事務所

(広田次男法律事務所)

〒970-8026 福島県いわき市平字八幡小路66番地9

TEL : 0246-24-2340   FAX : 0246-24-2342

© 2014 by 福島原発被害弁護団