最新情報

11・20いわき市民訴訟(第38回)期日の報告。原告4名本人尋問実施されました。


本年1月以来,2ヶ月ごとに原告本人尋問を実施してきました。

表面上,いわきの日常は事故前と変わらないように見えるかもしれない。しかし,現在も放射能は身近な存在です。日々の生活について,食材について,水について,自然について,事故前とは各々の感じ方や対応は確実に変わっています。

今回の期日において,4人の原告の尋問を予定しています。事故直後から現在まで続く,いわき市の被害の実情がより明らかになっていくはずです。

こちら☞いわき市民訴訟 第38回口頭弁論サマリー

第38回口頭弁論期日レポート

最新記事