東京本部

〒110-0015  東京都台東区東上野3丁目28番4号

上野スカイハイツ504号

TEL:03-5812-4671       FAX:03-5812-4679

いわき現地事務所

(広田次男法律事務所)

〒970-8026 福島県いわき市平字八幡小路66番地9

TEL : 0246-24-2340   FAX : 0246-24-2342

© 2014 by 福島原発被害弁護団

 

 

最新情報

相双の会(83号)が発行されました。

04/01/2019

 

お陰様で会報83号発行することができました。

現在統一地方選挙が行われていますが、福島の原発事故から8年も過ぎると原発有無の

争点になっていないような気がします。それだけ資本と現政権政治が揉み消してきた事が

現れているのかなと思われます。

原発を国策として進めてきた日本ですが、何がプラスに経済発展したのでしょうか、一部の者は

豊かになったかも知れない。しかし、多くの労働者は下請けから下請けと低賃金で働かされ、

果てには命と健康まで蝕まれてしまう。まして事故が起きれば強制避難、人生の全てを失う事となる。もう安全だからと嘘を平然と言う始末です。

国連人権理事会特別報告で「年間1㍉㏜以下」は世界の常識、日本政府の懸念は世界の非常識と言われる始末です。

原発事故後、日本政府が避難指示の解除用件の一つとしている「年間20㍉㏜以下」という

被爆線量について、事故前に安全とされていた「年間1㍉㏜以下」にすべきと述べられました。

その上で子どもや出産年齢の女性について1㍉㏜を越える地域への帰還をやめるよう日本政府に要請

されたのです。

 

                                  相双の会  國分富夫

 

こちら☞相双の会83号

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload