最新情報

相双の会72号発行されました。


お陰様で会報72号発行することが出来ました。

原発事故から間もなく7年二ヶ月になりますが、まだまだ生活が落ち着かない現況にあります。住宅確保を見ても5割程度にしかなっていません。

確かに復興住宅が完成し入居しておりますが、永住ではありませんから仮住まいです。望んでいるのは家族との生活です。

原発事故、放射能公害は子々孫々まで影響が続きます。二度と原発を事故に遭わないように

するには再稼働させない。全原発を廃炉にする。そして原発のない社会にする事であると思います。

                                                    相双の会  國分富夫

こちら☞相双の会72号

最新記事