最新情報

川俣町小綱木地区住民集団ADR申立和解案を受け入れる。

02/23/2018

 

福島第一原発事故により、福島県川俣町小綱木地区住民の実に90%以上の住民が集団で、同町山木屋地区、飯舘村、浪江町、といった避難地域のすぐ外側にある同地区住民が、これら避難地域と比較して遜色のない数字の線量であるにもかかわらず、避難地域とされなかったため、著しい不安を抱えたまま生活を継続しなければならなかったことについて、慰謝料の支払いを東電に求めて文科省のADRセンターに仲介を求める申立をしている事件で、弁護団と申立人団である住民代表が、東電はADRセンターの住民一人あたり20万円、合計約11億円を支払うとの和解案を受け入れる旨の記者会見をしました。参加したのは、住民代表と、福島原発被害弁護団小綱木班のメンバーのうち、柿沼真利弁護士、宮腰直子弁護士、榎本吾郎弁護士が記者会見に参加。

東電は、ADRセンターの手続きを行うに当たり、同センターの和解案は最大限尊重する旨の表明をしています。私たちは、東電も、この表明に従い、和解案を受け入れることを求めて参ります。

 

こちら☞記者会見説明資料

     読売新聞記事

     毎日新聞記事

     福島民報

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

東京本部

〒110-0015  東京都台東区東上野3丁目28番4号

上野スカイハイツ504号

TEL:03-5812-4671       FAX:03-5812-4679

いわき現地事務所

(広田次男法律事務所)

〒970-8026 福島県いわき市平字八幡小路66番地9

TEL : 0246-24-2340   FAX : 0246-24-2342

© 2014 by 福島原発被害弁護団