最新情報

第9回避難者訴訟口頭弁論及び第5次提訴のご報告

いわき地方裁判所.jpg
原発避難者訴訟 第5次提訴・第9回口頭弁論期日のご報告

                                               2015年2月18日

                                               弁護士 高橋右京

2015年2月18日、原発避難者訴訟の第5次提訴が行われ、新たに113人・38世帯の方が原告に加わりました。

引き続き、避難者訴訟の第9回口頭弁論期日が開かれました。山木屋出身の原告2名の意見陳述では、ふるさとを奪われた切実な思いが訴えられ、責任論のついての代理人の意見陳述では、東電が、予想された大津波の危険性にあえて目をつむり続けた実態を浮き彫りにしました。

その後行われた進行協議では、次回期日よりいよいよ原告本人尋問が開始される方向で、協議が進められました。これからいよいよ、個々の原告が実際に被った、原発事故の被害の実相を、より具体的に裁判所に訴えていくことになります。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

こちら☞第9回口頭弁論サマリー 

第5次提訴プレスリリース  

第5次提訴声明

最新記事