最新情報

相双の会第101号が発行されました。


原発事故から間もなく10年になろうとしている今日でも9~10 万人の避難者でいる事が推定されています。

東電はまともに賠償に応じようとしません。

政府は、被害者への補償を次々と打ち切り、帰還を強制してきています。

化学的に安全と証明されているのかとなれば「帰るも自由、帰らぬも自由」なるのである。

このような無責任な国はどこにあるでしょうか、

私たちは裁判で当り前の事を当り前に訴えて来ました。その当り前の事が通らない司法であるとすれば、

司法の機能が果たされていない事に繋がります。特に原発事故は後世に対する責任が問われる問題ですので、

責任を明確にしていかなければならないと思います。

                               相双の会  國分富夫



こちら☞

相双の会101号
.pdf
Download PDF • 2.91MB


最新記事